事前の準備が求められる自動車

自動車に子どもを乗せるときはチャイルドシートの着用が義務付けられています。これを怠っていると、罰金はつかないものの、違反点数が加算されてしまうため、注意が必要です。もちろん、警察官に咎められるから守ろうという話ではありません。スピードが出る自動車で子どもにチャイルドシートを着けさせなければ、大きなリスクを抱えることになります。衝突時の衝撃は、大人でさえシートベルトやエアバッグがなければ、命の保証がないほどです。そのような自動車の安全装置は子どもには不向きなためチャイルドシートが必要になります。着用義務があるのは、6歳に満たない幼児です。ただし、著しく体に合わない場合は、この限りではありません。加えて考えるべきなのは、年齢を満たせば自動車内の子どもがチャイルドシートを卒業できるわけではないという点です。シートベルというものは通常、140cm以上の身長に合わせて作られています。つまり、まだ背丈が未発達のうちは、十分な安全効果が得られるとは限りません。やはり小さいうちは、自動車で子どもにチャイルドシートを着けさせておくべきでしょう。今はより快適に着用できるように、クッション性なども考慮されています。使いやすいものを選んで、ドライブを安全で楽しいものにしていきましょう。

バックナンバー

自動車の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP