少しの油断が危険運転に

自動車の助手席に子供を乗せる方

自動車での子供の安全確保方法

自動車の助手席に、小さな子どもさんを乗せている方、チャイルドシートをしていても実は危険なことが多いです。自動車の構造上、助手席は、大人の方、もしくは、ある程度大きくなった子どもさんを想定して設計しています。具体的には、安全装置の膨らむ速さがそれに該当します。万が一の事故の際に、安全装置が膨張するのですが、大人や大きなお子さんを前提に、膨らむ速度を設計しています。その為、小さな子どもが座っている場合に、事故に遭うと、当然ながら安全装置が開き、開いた際の衝撃は、そのお子さんにとっては大変大きなものになり、事故とは別に、怪我はさせてしまうケースがあります。そこで、小さなお子さんを載せるなら、助手席よりも後部座席がお勧めとなっています。自動車の後部座席は、フレームの構造上最も頑丈に作られており、正面衝突といった事故でも、耐えうることができます。もし、小さな子どもさんをお持ちの親御さんは、子供の為のことを考えるなら後部座席に座らせることが大事です。ドライブ中に子供の顔を見たいという気持ちや、子供ともっと話したいという気持ちも分かりますが、やはり、突発の事故から、子供をしっかりと守りたいのであれば、後部座席に座らせることが絶対的にお勧めです。

バックナンバー

自動車の凄い情報

↑PAGE TOP