自動車に子どもが乗る時の注意

自動車運転と子どもへの注意

自動車の運転で心掛けること

自動車を運転する際には、子どもの飛び出しにはくれぐれも注意したいものです。子どもというのは大人と違い、不注意になりがちで、急に飛び出してくることも少なくありません。行動が予測しにくいというのが子どもの特徴でもあります。危険を回避するためにも、もし子どものそばを自動車で通り過ぎるような場合には、十分スピードを落とすことや、外側に膨らんだとしてもなるべく離れて走ることなどが大切です。そうすることで、急な飛び出しにも即座に対応することができます。また、とっさの反応に自信がない方は、自動ブレーキなどの安全運転システムが装着されているタイプを選ぶのも手です。また、子どもを自動車に乗せる場合は、就学前であれば、きちんとチャイルドシートに座らせることが大切です。小学生以上の場合は後部座席に座っている場合でも、きちんとシートベルトを締めさせるようにしましょう。もし急ブレーキをかけた場合に、シートベルトをしていないと前方に飛ばされたり、ひどい場合は車外に放り出されてしまうこともあるので十分注意しましょう。そして、自動車の運転は命の危険が常に伴っていることを意識していることが大切であり、注意しすぎるということはありません。

バックナンバー

自動車の凄い情報

↑PAGE TOP