子どもと自動車シートベルト

自動車のある生活を安全に

自動車にチャイルドシートを設置

結婚して子どもができると、買い物をする物や機会が増えますし、急に病院へ行くとか出かけることが多くなります。そのため家庭に自動車があるととても便利ですし、生活必需品と言えるかもしれません。自動車に乗車するときは運転席だけでなく後部座席もシートベルトの着用が義務付けられています。子どももその例外ではありませんが、シートベルトをそのまま利用するのは危険です。子どもが6歳未満の場合はチャイルドシートの設置が義務付けられています。違反すると運転者に違反点数1点になります(反則金はありません)。違反だからチャイルドシートを付けるのではなく、安全を考えてチャイルドシートに乗せましょう。助手席でお母さんが抱っこしたまま自動車を運転していて、思いがけず急ブレーキをかけてしまって前のめりになってしまい、子どもがお母さんの手から飛んでしまいフロントガラスに激突してしまう事故が起きています。このような悲劇が起きないようにチャイルドシートは設置すべきです。家族ぐるみで遊びや旅行に行く場合、乗車定員のことが気になるかもしれません。こどもが3人で大人2人の計算になります。またこどもの人数分のチャイルドシートを付けると乗車定員分の人数が乗れない場合やシートベルトが足りない場合などは、設置と着用の義務は免除されます。自動車で家族や友達と楽しく安全に遊べるといいですね。

バックナンバー

自動車の凄い情報

↑PAGE TOP